ネガティブなことを言われたら・・・~リフレーミング~

こんにちは!
昔はネガティブ、今はそこそこポジティブで、
『面倒見の良さナンバー1 NLPトレーナーたけぽん』です。
 
実は、
前からなんですが・・・
 
自分って、
ネガティブなフィードバック

受けやすいんですよね 笑

 
 最近いただいた、
ネガティブなフィードバックは、
 
「たけぽんは発言がネガティブ!」
と言われました。
 
 
「昔はネガティブだったから、ネガティブ気質が出てしまうだよー」
と心の声で言い訳が・・・笑
 
 
これって、
一見ネガティブな出来事かもしれませんが、
 
そう捉えると、
ツライですよね!
 
また、こちらがネガティブな反応をしたら、
人間関係も
悪くなってしまいますよね!

【スポンサーリンク】
ダイレクト出版 2980円の新刊が無料!


そんな時に役に立つ
NLPのスキルがあるんです!
 

『リフレーミング』

 
物の見方を変える、
または
物の見方を柔軟にしていくスキルです。
 
物事には
たくさんの見方があります。
 
それをネガティブな
側面しか見ていないから、
 
辛くなるんです。
 
しかし、
リフレーミングが
できるようになると、
 
ネガティブな出来事が、
 
ポジティブな
エネルギーに変わるんです!
 
 
例えば、今の出来事だと、
ネガティブな側面だけみると、
 
  • 自分はダメな人間だ
  • 仕方ないじゃん
  • うるさーい!
  • むかつくー!
  • 俺の気持ちも知らないくせに!
 
など、
 
いろんな怒りや
ネガティブな言葉が
出てきてしまいます。

【スポンサーリンク ダイレクト出版】 
無料「達成する人の法則」 著者:原田隆史

 
言葉が
ネガティブだと
 
心も

ネガティブになります。

しかし、
ポジティブな側面を見ると
 
  • 私のことを想ってくれるから、言いづらいことを言ってくれるんだ
  • ネガティブなことを言ってもらえる時が華だよな
  • 教えてくれてありがとう!
  • 良くない癖を直すチャンス、成長のチャンスだ!
  • 同じネガティブな癖を持っている人の気持ちを理解してあげられるな
 
など、
 
感謝や
ポジティブな言葉
出てきます。
 
ですから、
心もポジティブになります
 
そして
ポジティブな行動ができます!
 
結果

成長して、良い結果も生まれます!

 
どちらの捉え方の方が、気持ちがラクですか?
 
もちろん、
ポジティブな捉え方の方がラクですよね!
 
しかし、
 
「そんなこと言ったって、ネガティブに捉えてしまうんだよ」
 
といういう声が
聞こえてきそうです 笑
 
そんな時に役に立つ、

前向き質問があります!

 
『その出来事のポジティブな側面は何ですか?』
『その出来事の他にどんな意味がありますか?』
 
ぜひ、ネガティブな出来事があった時に、
答えてみてください!
 
気持ちがラクになりますよ。
 
注意していただきたいのは、
 
リフレーミングは
「ポジティブな側面だけ見なさい」
というわけではありません。
 
物事を
広い視野で柔軟な
捉え方をする方法です。
 
 
物事には
表と裏があって両方必要です。
 
表裏一体ですね!
 
 
ですが、
人って欠けているところが気になる性質を
持っています。
 
 
だから、バランスが悪く
苦しくなってしまうのです!
 
そんな時に、
リフレーミングを使い、
物事のポジティブな側面も見ることで、
 
バランスが整い、
ネガティブなことも
プラスのエネルギーに、変えることができるのです!
 
 
このリフレーミングを使うことで、
少しでも、
心の状態を良くなったら、嬉しいです。
 
 
それでは、
また次回のブログでお会いしましょうね!


【たけぽん’s ミッション】

ネガティブな人や控え目な人でも、生きやすい世の中を作る!

たけぽんの公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA