なぜ ⁈ 真中監督の退任セレモニーが感動した3つの秘密 〜最下位でも胴上げされる人としての在り方〜

先日、スポーツニュースで、
ヤクルトスワローズの真中監督
退任のあいさつを観ました。
 
1分くらいの放送でしたが、
「きっと、いい人だよ」

と、思ったんですよね!

 

 

 
そこで、
YouTubeで退任セレモニーの動画を
観てみたら、
 
「泣けるほど、感動したんですよー!」
 
そこで感動した要因を
『心理学的視点』で3つにまとめてみました!
 
その名も
『なぜ ⁈ 真中監督の退任セレモニーが感動した3つの秘密』
 
 

一つ目は
【素直に感情を出していた】


真中監督は、
過去の映像を見て、涙を流していました。
 
素直に「感情」を出していたんです。
 
人は、他人の感情が移ります。
これを『情動感染』と言います。
 
例えば、
こちらがにこやかだと、
相手もにこやかになる。
 
こちらがイライラしていると、
相手もイライラしてしまう。
 
ということです。
 
また、感情を「素直」に出していた、
つまり『自己開示』をしていたんですよね。
 
自己開示をすると、
相手も心の扉を開いてくれます。
 
そして
心の距離が近くなり、
メッセージが心に響きやすいのです!
 
 

二つ目は
【パッと見た感じが良い】

 

涙と笑顔があり、
表情が豊かでした。
 
そして、
話し方もハキハキと元気がありました。
 
とにかく、
「パッと見た時」の感じが良かったんですよ!
 
みなさんも、
「なんとなく、この人は感じが良い」
と、思うことってありますよね?
 
 
これすごく大事で、
『メラビアンの法則』では、
 
人は7秒くらいで、
相手の印象を、
 
『視覚55%、聴覚38%、言語7%』
で決めてしまうのです!
 
つまり、
表情は『視覚』
話し方は『聴覚』
 
真中監督は、
この『93%』が、すごく良かったんですよね。
 
 

三つ目は
【感謝の言葉を伝える】

 

 

ファンの人に、
「ありがとう」と「ごめんなさい」の意味があった、
心からの感謝の言葉も伝えていました。
 
人は、
「感謝したり、感謝される」と、
 
『エンドルフィン』
という脳内物質が分泌されます。
 
『エンドルフィン』が分泌されると、

すごく幸せな気分になるんです!

『エンドルフィン』を詳しく知りたい方は、こちらの本がオススメです。


 
 
以上の3つになります。
 
 
きっと真中監督は、
普段から、上記の3つも含め、
 
人の心を動かす能力があり、
「好感の持てるいい人」だったのだと思います。
 
ですから、
成績は最下位でしたが、
 
選手からは胴上げされ、
球団幹部も来て、労をねぎらっていました。
 
 
そこで感じたのが、
 
もちろん、
結果も大切ですが、
 
特に苦しい時の、
 
人としての『在り方』が、
大切なのだと、教えていただきました。


 
「真中監督、ありがとうございました!」
 
 
最後にこの『魔法の質問』に答えてみてください。
 
『人として、どんな在り方を目指しますか?』
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、
また次回のブログでお会いしましょうね!
 
今日も素敵な1日をお過ごしください。


【たけぽん’s ミッション】

ネガティブな人や控え目な人でも、生きやすい世の中を作る!

たけぽんの公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA