相手の言葉を繰り返したら、仲良くなれました。〜良い人間関係を作る3つの秘密【第3回】〜

【ダイレクト出版 スポンサーリンク】

【2980円の新刊が無料!】
 
あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にして オンラインで売り出す方法
 (ビジネスをしている方、これから始めようと思っている方は↑をクリックしてくださいね)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このブログに訪問していただき、ありがとうございます。
 
こんにちは!
昔はネガティブ、今はそこそこポジティブで、
『面倒見の良さナンバー1 NLPトレーナーたけぽん』です。
 
〜良い人間関係を作る3つの秘密〜
の第3回目です!
良い人間関係を作るのには、
 
『ラポール(信頼感・安心感)』
を作ることが、大切だとお伝えしました。
 
詳しくはこちらからご覧ください
 
そして、
『ラポール』を作るには、
 
『マッチング』という、
共通点を作っていくことが、
大切だとお伝えしました。
 
詳しくはこちらからご覧ください
今日は、
『マッチッグの作り方』
【その2】をお伝えします。
 
例えばこんな会話はどうですか? 
あなたがAさん、相手がBさんと想像してください。
 
A:お疲れ様です! 
B:そんな疲れてないよ。 
A:今日は忙しかったね! 
B:そうかな。普通だけど。 
A:今日、ラーメンでも食べに行かない? 
B:美味しいお蕎麦屋さん知っているよ。 
 
 
では、次にこんな会話はどうですか? 
あなたがAさん、相手がCさんと想像してください。
 
A:お疲れ様です。 
C:お疲れ様です。 
A:今日は忙しかったね。 
C:そうだね。忙しかったね。 
A:今日、ラーメンでも食べに行かない? 
C:ラーメンいいね!美味しいお蕎麦屋さんも知っているよ。 
 
BさんとCさんどちらと話したいですか? 


 
大半の人がCさんですよね!
BさんとCさんの違いは、
 
相手の言葉を、
 
「繰り返している」か、
「繰り返していない」かです。

【スポンサーリンク ダイレクト出版】 
無料「達成する人の法則」 著者:原田隆史

 

このように、
相手の言葉を返すことを
『バックトラッキング』と言います。 
 
そうすることで、
 
相手は、
「自分の話を聞いてくれている」
と、思うのです。
 
そして、
『信頼感、安心感』
が生まれてくるのです。 
 
つまり、『ラポール』が生まれるのです。


 
ぜひ、まずは身近なところで、
『バックトラッキング』を使ってみてください。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、
また次回のブログでお会いしましょうね!
 

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA