沈黙が怖いあなたへ!会話が続かない時は、『質問』を使ってください。〜良い人間関係を作る3つの秘密【第4回】〜

【ダイレクト出版 スポンサーリンク】

【2980円の新刊が無料!】
 
あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にして オンラインで売り出す方法
 (ビジネスをしている方、これから始めようと思っている方は↑をクリックしてくださいね)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このブログに訪問していただき、ありがとうございます。
 
こんにちは!
昔はネガティブ、今はそこそこポジティブで、
『面倒見の良さナンバー1 NLPトレーナーたけぽん』です。
 
〜良い人間関係を作る3つの秘密〜
の第4回目です!
 
 
1回目(知らなかった!良い人間関係を作るには〇〇を作ることが大切だった)
2回目(なぜ、恋人同士は同じタイミングで水を飲むのか?)
3回目(相手の言葉を〇〇したら、仲良くなれました)

【スポンサーリンク】
ダイレクト出版 2980円の新刊が無料!


前回は、

相手の話を繰り返し、
ラポールを作っていく、
 
『バックトラッキング』
についてお伝えしました。
 
詳しくはこちらから
 
 
しかし、
私は以前こんな『不安』がありました。
 

「相手があまり話さない人だったらどうしよう?」

 
さすがに、
ずっと沈黙だと、
ラポールを作るのが難しいですよね(笑)
 
でも、安心してください!
 
そんな時に役に立つ方法があるんです!

【スポンサーリンク ダイレクト出版】 
無料「達成する人の法則」 著者:原田隆史

 
それは・・・
 
 
 
 
 
『質問』をするのです!
 
『バックトラッキング』
『質問』を加えると、
会話が続きやすく、
 

『ラポール』も作りやすくなるのです!

 
しかし、
「どういう質問をすれば良いのかが分からない」
という、声が聞こえてきそうですね(笑)
 
大丈夫です!
 
そんな時に役に立つのが、
『5W1H』の質問です。
 
who    (誰が)
what   (何を)
when  (いつ)
where (どこで)
why    (なぜ)
how    (どのように)
 
という、
視点で『質問』をしていけば良いのです。
 
 
『バックトラッキング』に『質問』を加えた、
事例をご紹介しますね。
 
 
A:旅行行ってきたんだよ 
B:旅行に行ったんだ。どこにいったの?(where) 
A:宇都宮だよ。 
B:宇都宮か~。何し(なぜ)に行ったの?(why) 
A:メインは餃子かな。 
B:宇都宮の餃子は有名だよね。味はどうだった?(how) 
A:すごく美味しかったよ。 
B:そっか。美味しかったんだ。良かったね! 
 
 
このように、
会話が続きやすくなり、
相手の言葉を繰り返しているので、
 
『ラポール』が生まれやすくなります。
 
ぜひ、勇気を出して実践で使ってみてくださいね。
 
今日も読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA