『怒り』の正体について詳しく解説します!

以前、仕事帰りに
電線が切れてしまって、
途中の駅で止まってしまい、
 
朝まで電車が動かなかった時がありました。
 
その時に、駅員さんに
「こっちは暇じゃないんだから、早くどうにかしろ!」

と、怒っていた人がいたんですよね。 

「器が小っちゃいな~」
という、声が聞こえてきそうですが、
それは脇に置いて(笑)、
 
今日は、

『怒り』について説明をしたいと思います。

 
実は、
『怒り』とは、
第二感情と呼ばれ、
 
本当の感情(第一感情)を隠すための、
攻撃的な感情なのです!
 
必ず
別の感情(第一感情)が隠れているのです!
 
駅員さんに怒っていた話で解説すると、
 
まずこの人には、
 
「電車は時間通りに着く」
「家に帰れる」
「ゆっくり寝れる」
 
などの、

『期待があったと考えられます。

しかし、
電車が止まってしまったことで、
『期待』が外れてしまいました。

そして、
家に帰れなくて、
ゆっくり寝れなかったらと考え、
 
「やばい!明日の仕事に響く」

という、『不安』を感じたと考えられます。

 
実は
この『不安や悲しみ』などの、
満たされない感情が
 
第一感情で、
本当の感情なのです!
 
そして、駅員さんに、
「こっちは暇じゃないんだから、早くどうにかしろ!」
と、『怒り』で攻撃することで、
 
『不安』を隠し、
感じなくて済むようにしているのです。
 
しかし、
『怒り』で攻撃することで、
余計に悪い方向に行き、
 
ストレスが溜まることが多いのです。
 
ですから、
『怒り』で攻撃するのではなく、
 
第一感情を満たす為に、

何ができるかを考えれば良いのです!

 
先程の例だと、
 
「やばい!明日の仕事に響く」
という、『不安』を、
 
  • 誰かに迎えに来てもらう
  • ホテルに泊まる
  • 明日の仕事を今やってしまう
 
など、できることがあるはずです。
 
イライラのもとが分かると、
客観的になり、
「できること」を考え、
 
『怒り』が収まってきます。
 
正体が分からないから、
振り回されるのです。
 

このように考えた方が、気持ちがラクではありませんか?

 
「いいな」と思ったら、
取り入れてみてくださいね。
 
 
最後にこの『魔法の質問』に答えてみてください。
 
『次に怒りが起こった時に、何をしますか?』
 
良かったら、質問に答えてみてくださいね。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、

また次回のブログでお会いしましょうね!


【たけぽん’s ミッション】

ネガティブな人や控え目な人でも、生きやすい世の中を作る!

たけぽんの公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA