『善い悪い』を諦めると、気持ちがラクになる!

先日、
ファシリテーターをした時に、
やろうと予定したことを
 

あえて、やらなかったんです!

なぜかと言うと、
 
参加者の中で
大きな困りごとを

抱えていた人がいたからです
 

 
その困りごとを
スルーして
予定していたことをやるより、
 
今、困りごとを
抱えている人に
寄り添った方が良い!
 

と、判断したんです。

 
自信を持って
判断したのですが、
 
終わってみて、
「本当に良かったのかな?」
と、思ったんです。
 
きっと、
「Aさんは〇〇だったよな」
 
だけど、
「Bさんは△△だったよな」
 
いや、
「自分の判断が正しかった」
 
と、自分の判断が
 
「正解だったのか」
「間違っていたのか」
ということを、
 
あれこれ考えて、
 
葛藤したり
不安になったり
自分や他人を責めたり
 

と、していたんですよね(笑)

【スポンサーリンク】
ダイレクト出版 2980円の新刊が無料!

 

 
でも、
「これは答えが出ないな!」
と、気づいたんです!
 
なぜなら、
人によって
答えが違うからです。
 
それに対して、
「善い、悪い」だけの
 
『善悪二元論』
で考えると、
辛くなること気づいたんです!
 
だから、
 
善いも悪いもないし、
「ま〜どっちでもいいか」
と、思った方が、
 

気持ちもラクだと思ったんです!

 
世の中、
善い悪いだけで判断できないことが
たくさんあります。
 
特に、
人の価値観の違いなどは、
そうなのかと思います。
 
それなのに、
善い悪いで判断しようとすると、
 
「怒りや不安」
などで、苦しみ、
 
時には相手を
攻撃したりして、
 
人間関係が
悪くなってしまいます。
 
ですから、
 
「これは善い悪いで判断できないな」
「だから、どっちでもいいか」
と、考えた方が、
 
気持ちもラクだし、

人間関係も良い方向に行きます。

 
大切なことは、
良い悪いで判断できないと、
 
『諦める』ことです。
 
「諦める」の語源は、
 
「明らかにする」
「見極める」
という、意味なんです。
 
「明らめる」→「諦める」
に、なったのです。
 
ですから、
物事の本当に大切なことを
 
『明らか』にして、

『諦める』ことが大切なのです。

 
人はすべての物事を
「善い悪い」で判断しがちです。
 
そんな時に
この考え方を思い出すと、
 
気持ちがラクになり、
心に余裕も生まれます。
 
もしこの考え方が
「いいな」と思ったら、
これから意識してみてくださいね!
 
 
最後にこの『魔法の質問』に答えてみてください。
 
『諦めることができますか?』
 
良かったら、質問に答えてみてくださいね。
 
 
今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、
また次回のブログでお会いしましょうね!

 


【たけぽん’s ミッション】

ネガティブな人や控え目な人でも、生きやすい世の中を作る!

たけぽんの公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA