悩みを相談された時の対応をお伝えします。

先日、お友達と
今抱えている悩みについて、
話をしてきました。
 
終わった後は、
「悩んでいるのは、自分だけじゃないだ!よーし、頑張るぞ〜!」
と、元気が出たんですよね。
 
そして、
「聞いてくれるお友達がいるってシアワセだな」
と、思いました♪
 
ところで、みなさんは、
 
お友達などに、
悩みを相談された時、
どんな対応をしていますか?
 
「え〜、特に何も考えていないな」
という、声が聞こえてきそうですね(笑)
 
そんなあなたのために、
 
今日は、
悩みを相談された時の

対応についてお伝えしたいと思います。

 

ポイント①
 
まずは、

相手の話を聴くことです。

 
なぜなら、
聴いて欲しいから
話をするのですから(笑)
 
傾聴をしてあげてください。
 
傾聴とは、

「耳を傾け、熱心に聞くこと」です。

【スポンサーリンク ダイレクト出版】 
目標を達成したい方へ
【無料】「達成する人の法則」 著者:原田隆史

 
 
効果的な話の聞き方については、こちらに詳しく書いてあります。
 
〜良い人間関係を作る3つの秘密〜
 
1回目(知らなかった!良い人間関係を作るには共通点を作ることが大切だった)
2回目(なぜ、恋人同士は同じタイミングで水を飲むのか?)
3回目(相手の言葉を繰り返したら、仲良くなれました)
4回目(沈黙が怖いあなたへ!会話が続かない時は、『質問』を使ってください)
5回目(【LINE使用者必見】LINEスタンプで人間関係が崩壊する!)
6回目(相手と仲良くなるには『感情』の大きさを合わせることだった)

 

 

ポイント②
 
そして、
話を聴きながら、
自分の価値観は脇に置き、
 
相手に
寄り添い、

受け入れてあげてください。

 
なぜなら、
「人は受け入れられて、初めて変わろうとする」からです。
 
人は、
一見正しく思える論理的な
アドバイスでは動きません。
 
結局、
自分が変わるしかないのですが、
 
だからって、
「Aさんの〇〇が悪いから、△△しなさい」
と、言われても、
 
まだ、
本人の心の状態が
行動を起こすエネルギーがないので、
 
行動ができないんですよ。
 
だから、
寄り添い、
受け入れてあげることで、
 
行動を
起こすエネルギーが高まり、
 
「変わろう!」
と、自ら思うのです。
 
 
ポイント③
 
そして、
相手が自ら変わろうと、
やる気を出したら、
 
それを

信じてあげてくださいね。

 
自分の方が経験があると
答えがわかってしまい、
 
ついつい転ばぬ先の杖を
出してしまいます。
 
しかし、
自分とその人では
性格や経験も違うので、
 
同じ方法で
うまくいくとは限らないし、
 
人はできれば他人から言われて
行動を起こすのではなく、
 
自ら気づいて
行動を起こしたいと思っているのです。
 
以上、この3つを意識すると良いのかと思います。
 
もし、「いいな」と思ったら、
意識してみてくださいね!
 
 
最後にこの『魔法の質問』に答えてみてください。
 
『自分だったら、悩みを相談した時にどんな対応をしてもらいたいですか?』
 
良かったら、質問に答えてみてくださいね。
 
 
今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、
また次回のブログでお会いしましょうね!


【たけぽん’s ミッション】

ネガティブな人や控え目な人でも、生きやすい世の中を作る!

たけぽんの公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA