ただ言いたいことを『フィードバック』すると、人間関係が悪くなります!【フィードバックをする上での心構え】

前回は、
「変わりたいと思っている人は、他人からフィードバックをもらってください」
ということを書きました。
 
フィードバックとは、
相手の話を聞いて、
思ったことや気づいたことを相手に伝えることです。
 
前回のブログはこちらです。
 
今日は、
フィードバックをする側の
注意点について書きたいと思います。
 
「フィードバックって、思ったことを伝えればいいんじゃないの?」
と、思う人もいるかもしれません。
 
しかし、
人には「気持ち」があるので、
何も考えずにフィードバックすると、
 
「おおきなお世話だよ!!」
と、
 
ただ、人間関係が悪くなってしまう
おそれがあるのです。
 
 
具体的には、
フィードバックする上での
 
  • 心構え
  • 種類
  • 伝え方
 
の3つを書きたいと思います。
 
 
まずは『心構え』です。
 
フィードバックする上で、
一番大切だと思っています。
 
フィードバックしたことは、
あくまでも自分が感じたことだから、
 
それを相手が、
「やっても、やらなくてもOK」
だと、思うことです。

 

 

その前提にあるものが、

 
  • 相手のことを信じる
相手には、
それを解決できる力があるのです。
 
 
  • 相手をコントロールしない(できない)
 
人は、
誰かにコントロールされたくないし、
 
そもそも、

人をコントロールすることはできないのです。

 
これらは、
『離別感」『母子一体感』の考え方に近いですね。

 
離別感とは、
「私とあなたは違う価値観(人間)である」

ということです。

例えば、
「私はAだけど、あの人はBで違うんだ」
というような、考え方です。
 

母子一体感とは、
「私とあなたは同じ価値観(人間)である」
ということです。
 
例えば、
「お母さんは私の言う事を聞いてくれてあたりまえ」
というような、子供のような考え方です。
 
人間関係が近ければ近いほど、
「離別感」を持ちにくく、
「母子一体感」を持ちやすくなります。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
このような『心構え』で
フィードバックをした方が、
お互いの気持ちがラクなのかと思います。
 
もし「いいな」と思ったら、
取り入れてみてください。
 
次回は、フィードバックの
「種類」と「伝え方」についてお伝えしますね。
 
 
最後にこの『魔法の質問』に答えてみてください。
 
『あなたのフィードバックする上での心構えは何ですか?』
 
良かったら、質問に答えてみてくださいね。
 
 
今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、
また次回のブログでお会いしましょうね!


【たけぽん’s ミッション】

ネガティブな人や控え目な人でも、生きやすい世の中を作る!

たけぽんの公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA