ネガティブなフィードバックで人間関係が悪くならない方法!【フィードバックの伝え方】

これまで、
フィードバックについて
 
【フィードバックをもらうこと】
【フィードバックする上での心構え】
【フィードバックの種類】
 
についてお伝えしました。
 
フィードバックとは、
相手の話を聞いて、
思ったことや気づいたことを相手に伝えることです。
 
 
前回のブログでも書きましたが
ネガティブなフィードバックって、
 
伝えづらいですよね・・・笑
 
「やっぱり、その後の人間関係を考えると言いづらいな~」
という声が、聞こえてきそうですよね。
 
ということで、
 
今回は、
フィードバックの『伝え方』についてお伝えしますね。
 
まずは、
 
  • 『前置き』の言葉を入れる
人はいきなり
ネガティブなことを言われると、
ビックリしてしまいます。
 
そして、
反発される可能性が
高くなってしまいます。
 
まずは、
相手に、 心のクッションを作ってあげましょう♪
 
例えば、
「気を悪くさせてしまったら、すみません」
と、前置きの言葉を入れることで、
 
相手は、
 
心の準備ができるし、
自分のことを尊重してくれている
 
と、感じます。
 
ですから、
反発が少なくなります。
 
 
次に、
 
  • サンドイッチ法で伝える

サンドイッチ法とは、

 
まずは、
ポジティブなフィードバックをして、
 
次に、
ネガティブなフィードバックをして、
 
最後に、
ポジティブなフィードバックをする。
 
というものです。
 
例えば、
「○○さんのお話は、興味深い内容でした。しかし、少し話が長かったように感じました。全体的には、要点がまとめられていて、分かりやすかったです。」
 
というように、
サンドイッチ法を使うことで、
 
相手にとって、
ネガティブなフィードバックが

受け取りやすくなります。

 

 

 
 
この2つを使うことで、
ネガティブなフィードバックをする上で、
 
聞く側
伝える側
 

共に、精神的にラクになります。

 

 
もし、このやり方を
「いいな」と思ったら、
取り入れてみてくださいね♪
 
 
最後にこの『魔法の質問』に答えてみてください。
 
『ネガティブなフィードバックを受け取りやすくするには、どういう工夫が必要ですか?』
 
良かったら、質問に答えてみてくださいね。
 
 
今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
それでは、
また次回のブログでお会いしましょうね!


【たけぽん’s ミッション】

ネガティブな人や控え目な人でも、生きやすい世の中を作る!

たけぽんの公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA